エクアドル産「田辺農園」バナナとホワイトチョコレートで作った、新触感のサクサクのチョコレート菓子「チョコとBANANAの恋物語」を数量限定でご用意いたしました。

さだまさし直筆デザインのオリジナルパッケージ!
バレンタインギフトにも嬉しい限定チョコをお見逃しなく!


 

【販売開始日】1月29日(月) ~ 東京国際フォーラム ホールA
さだまさしコンサートツアー2023~なつかしい未来~アンコール公演各会場
さだまさし公式オンラインショップ
規定数に達し次第終了となります。

【販売価格】1個=1,200円 (税込)3個=3,500円 (税込)
*3個お買い得販売は会場販売でのみお取り扱いとなります。

【会場販売時間】
◎東京国際フォーラムホールA(1/29・30 ・2/27・28)
15:00~16:30 (開場前先行販売/1階エントランス)
17:00~グッズ販売エリア

◎フェスティバルホール(2/13・19、3/12・13)
15:00~16:30 (開場前先行販売/2階エントランスホワイエ )
17:00~5階メーンホワイエ  

    *開場前販売はチケットをお持ちでない方もお買い求め頂けます。
    *時間は変更になる場合もございます。
    *数量限定となりますので予めご了承ください。

【商品概要】
・内容量 /65g   
・箱サイズ/150×104×35 ㎜
・賞味期間/ 常温 保存 180 日
・製造元/ ANAフーズ株式会社


相性抜群のバナナとチョコを独自の製法でフリーズドライ加工したバナナ にまろやかな甘みのホワイトチョコレートをしみ込ませ、サクサクとした食感が新しい、チョコバナナ。

「田辺農園」バナナは、 1991 年、世界有数のバナナ生産国・南米エクアドルの 標高約300mの高地に、日本人・田邉正裕氏が拓いたバナナ農園で作られたものです。 自然の地形をそのまま活かし、可能な限り自然に近い 環境を保ちながらバナナを育てている農園は、まるで赤道直下の「バナナの森」。日本から約 15,000 ㎞、遠く離 れたエクアドルから、丹念に育て上げたバナナを、ANAフーズが輸入し、日本の食卓に届けています。 田辺農園のこだわりは、“土”と“水”にあり、化学肥料に頼ることなく、除草剤も一切使用していません。 通常廃棄されるバナナも田辺農園では無駄にせず、独自の手法で発酵させ、有機質肥料として土に還元、つまりバナナの栄養でバナナを育てる田辺式「バナナ循環農法」によって、その味わいは純化され、気品あふれる甘味をもつ、こだわりのバナナが育ちます。 そうして手塩にかけ、大切に育てられた「田辺農園」バナナも、流通の過程で、汚れや傷などにより、正規品として販売できないバ ナナが出てしまいます。そのようなバナナを有効活用するため、丁寧に加工を施し、おいしい「田辺農園」バナナのお菓子として世に送り出したい、そんな想いから生まれた商品です。